内職在宅ワーク!副業.com

色・レイアウトの選定

内職在宅ワーク!副業.comSEO対策とアクセスアップ > 色・レイアウトの選定



色やレイアウトにも気を使っていますか?

最初に、色の心理効果について説明していきたいと思います。 色が訪問者に与える心理効果は計り知れません。

それでは、代表的な色がもたらす訪問者にあたえる色の心理を紹介したいと思います。

緑-みどり-
リラックス効果、心身を癒したいとき。穏やかな気分になりたいとき、 心理的混乱状態から、バランスを快復したい時に自然と欲しくなる色だそうです。 人を肉体的にも精神的にも健康な状態に導く力があります。 しかし、緑で統一しすぎると脱力感に襲われることもあり、 過去の嫌な気持ちを蘇らせたりする効果もあります。

青-あお-
コミュニケーションを象徴する色です。また、休息、安全を表します。日本人には白の次に人気のある色です。 興奮を抑えたいときや、冷静な判断をしたり緊張をほぐし、安らかな効果を 与える効果もあります。しかし、冷たい色でもあります。寒い所では 寒さを強調してしまうという効果もあります。信号でも使われている色で 集中力を高める効果もあります。

紫-むらさき-
ヒーリングや奉仕、また深いスピリチュアリティーを象徴する色です。 崇高な色とされ、人間の心理の深い部分とかかわっている色です。 日常生活のストレスですり減った神経をなだめ、そこからの不安、怒りにも効果があります。自信が満ち溢れていることを強調する色なので、使い方には注意。 催眠効果もあります。

ピンク-ぴんく-
創造的、芸術的な印象を与える色です。

ピンクは人を優しい気分にさせる効果があります。 食欲をそそる効果や、甘いものを連想させる効果があるので レシピ系のサイトには使えます。ただし、アダルト色が強い 色でもあるので使いすぎは良くないです。

赤-あか-
赤はエネルギーやバイタリティを意味します。体に流れる血の色でもあり、生命の色、感情を象徴する色です。

やる気がない時、落胆している時、臆病になっている時、赤は倦怠感を取り除き、やる気と自信がよみがえります。しかし、 刺激が強すぎて怒りを引き起こしてしまうこともあります。 赤を連続的に使うことは避けてください。 信号の赤では時間経過を早く感じさせる効果もあります。 また危険を象徴する色でもあります。

黄色-きいろ-
知性・知識・判断・幸福を象徴する色です。

理解力を高め、精神的なレベルを高める効果があります。 クリーム色やベージュ系として使うとよいでしょう。鮮やかな黄色はアクセントとして、控えめに使いましょう。黄色の使いすぎは自制心を失い、意識的な責任有る行動がとれなくなることがあります。注意をうながす信号にも使われています。

白-しろ-
清楚な印象を与える色

日本人に一番人気の色です。平穏な気持ちをとりもどしたいとき。清潔感を出したいとき。自己中心的な考えを追い払いたいときに効果的な色です。 白一色で統一した空間は、黒一色の空間と同じくらいの恐怖感を引き起こし、冷たい感情、孤立感を生み出すことがあります。

黒-くろ-
気持ちを引き締める色。

黒は子供っぽさを嫌い、クールな大人をアピールする色でもあります。 日本人にとって黒のスーツ、黒の髪の毛は真面目な印象を与えます。 ただし、黒は全ての光を吸収してしまう色です。また白と比べると負のイメージが 強くなります。死、闇、影などのを連想させる色です。

ウェブデザインでは色を変えることで訪問者の印象もだいぶ変わってきます。 ただし、ここからが重要です。

色とレイアウトの関係について考えてみてください。

まず、レイアウトとはテキストや画像などの要素を画面上に配置する 作業のことをいいます。どんなに素晴らしい情報があっても、どんなに素晴らしい デザインであっても、レイアウト一つで全体の印象を左右します。

文書主体のサイトの場合は、読みやすいレイアウトを選ぶことが重要です。 画像主体のサイトならば、使用感のあるレイアウトを選ぶことがが重要です。

これからはなんとなくのウェブデザインではなく、意図のあるウェブデザイン・ レイアウト・色の選択が重要となってくるのです。それにより、一つレベルの高い ホームページの作成を目指しましょう。