内職在宅ワーク!副業.com

内部要因と外部要因の違い

内職在宅ワーク!副業.comSEO対策とアクセスアップ > 内部要因と外部要因の違い



SEO対策をする上で、大きく分けると内部要因と外部要因というものが 存在する。

内部要因
内部要因とは、サイト管理者自身が手を加える事ができる要因を指す。

内部要因とは、サイト内の、キーワード出現率や、タイトルなどのサイトテーマ、 つまりは、テキストマッチング(ソースの最適化)のことを指します。

昔は、MATEタグなどが有効でしたが、現在は誰もが当たり前にやっていることなのでほとんど効果は無い。

「現在では殆どSEO的に考えた場合、内部要因は影響されない。」とあるが それは間違いである。特に、ヤフーが独自の検索エンジンシステムYSTを導入したことにより内部要因が重要となってくる。

詳しくは、3大検索エンジン[Google・YST・MSN]の違いで紹介している。

外部要因
外部要因とは、サイト運営者自信だけでは手を加える事ができない要因、 つまり、外側からの要因を指す。 現在、SEO対策はこの外部要因がとても重要視されている。

外部要因とは、簡単に言うと他サイトからの評価を表す。 人気のあるサイトは、他のサイトからリンクを貼ってもらっており 多くのリンクを受けています。また、良質なサイトからの リンクを受けることにより、自分のサイトの評価があがります。

つまり、リンクの量と質が重要です。

しかし現在の検索システムのアルゴリズムは進化しており、 単純にリンクの数を増やせば良いものではない。

例えば、過剰なリンクの増加やまったく関係のないサイトからのリンクは サイトの評価を下げる要因になる。

これは、スパム業者などによるサーチ結果の乱れを防ぐためである。