内職在宅ワーク!副業.com

相互リンクを募集しよう

内職在宅ワーク!副業.comSEO対策とアクセスアップ > 相互リンクを募集しよう



SEO対策外部要因で重要なのはリンクだと説明しました。

リンクで重要なのは数と質。また、関連性が高いサイトからのリンクが重要である。

つまり、節約系のサイトならば節約系のサイトからのリンク。 英語学習系のサイトならば英語学習系のサイトからのリンクが有効的である。

そこで多くのサイトは相互リンクを行い、お互いの相乗効果を狙います。

また、リンクでサイト同士が繋がることにより、検索サイトのロボットに より検索サイトに登録され検索されるようにもなります。

もちろん、良質な相互リンクは直接ネットサーフィンしているウェブユーザーの アクセスや、SEOを考えた場合、検索上位への効果もあり良質なサイトとは たくさん相互リンクしたほうが良いのは確かです。

Googleによると、1ページに表示されたリンクの数を適切な数に抑えることと 明記されている。また、この適切な数とは100未満を表す。

実際は、150から200までは平気です。

また、相互リンクの場合に静的なページ動的なページというものがある。

静的なページとは基本的にHTMLだけで作成されたものです。

動的なページ (URL に "?" が含まれているページなど)とはCGIなどにより作成されたもの。 動的なページの場合、検索エンジンのスパイダー(ウェブを読み込み、そのページにリンクされたページを所得するプログラム、ロボットとは違う。)によっては、静的なページと同じ様にはクロール(ロボットの巡回)されないことがあります。パラメータ(動的ページのURLに使われているもの)を短くしたり、数を少なくすると、クローラで見つけやすくなります。

これが、静的なページからのリンクのほうが良いと言われる要因の一つです。 実際は動的なページでも効果はあります。ただし、クロールされないかもしれない ということです。