内職在宅ワーク!副業.com

激安99円ショップが儲かる理由

内職在宅ワーク!副業.com > 激安99円ショップが儲かる理由



100円ショップが生まれ、それに対抗した形で生まれた99円ショップ。学校や会社などの帰り道に、 そのあまりの安さについ寄ってしまうお店ですが、皆さんは疑問に思ったことはないだろうか?

こんなに安くて商売やっていけるの?

と、こちらが心配したくなるほど安い。儲けの仕組みとしては、仕入れルートが鍵になっている。

最近は、減ってきているが、"バッタ屋"と呼ばれる倒産品などを専門に扱っている問屋から、 安値で商品を買いつけるのもひとつの方法だ。では、どのくらいの値段で買うのか。 それは、だいたい40円〜60円の間で仕入れる。つまり、99円からその値段を引いた額が 99円ショップの儲けとなるわけです。

また、ほかに大手メーカーなどの下請けの工場が 商品を開発しており、作る場合は、100万個、200万個レベルの大量生産をして、一個あたりの 単価を下げる。そこで作られたものは原価が10円〜20円というものがほとんどだそうだ。

粗利益を考えても99円ショップは儲かる仕組みになっているのだが、原価の安さを考えれば 消費者にとっては、もっともな値段ではある。