内職在宅ワーク!副業.com

不動産屋の「格安物件」に隠された秘密

内職在宅ワーク!副業.com > 不動産屋の「格安物件」に隠された秘密



不況のせいなのか、アパートやマンション、一戸建て住宅の激安物件が急増している。

だが、用心したほうがいい。「買わなきゃ損!」などと派手な広告を打っている物件に つられてはいけない。これらは、客の気を引く"オトリ広告"と呼ばれるものなのだ。

実際に、その物件を見ようとすると「売れちゃいました!」などの言い訳をして、ほかの 物件を紹介するのだ。

実際にそんなことがあるのか?今は、公正取引委員会 が目を光らせているのでオトリ広告は少なくなっています。景品表示法という法律があり、 事実でないことをチラシなどにうたってはいけないのです。しかし、いまだに存在するのも事実。 この業界はIT化などには無縁で、駅前で年配の方々がやっていることが多い。オトリ広告を出し、 客さえ引き込めば、あとはセールストークで何とかなるという昔ながらの考え方が残ってしまっているんです。 また、客が来る前日にその物件の廊下にチョークで人型を書き、実は3年前にある事件があって・・・と客に 話し、ほかの物件を紹介して買わせた、なんてケースもあります。

肝心なのは、とりあえず客を現地へ連れて行くこと。家を見たい、という場合、不動産屋に行きますよね。 でも、そこで「売れちゃいました」じゃ、客は帰ってしまうでしょう。でも外に連れて行きさえすれば、 せっかく来たんだし、他の物件もみようか、となるのです。

これを肝に命じて、いい物件を探したいものですね。