内職在宅ワーク!副業.com

小説が映画になると原作者はいくら稼げる?

内職在宅ワーク!副業.com > 小説が映画になると原作者はいくら稼げる?



「世界の中心で愛を叫ぶ」や「ローレライ」など小説が映画化され、注目を集めている。 小説が映画化されると原作者にはどれだけの儲けがあるのか?ある小説が映画化された儲けの道筋を見てみよう。

最初に仕事が発注され、原稿を執筆する。ある作品では、原稿料150万円(原稿用紙1枚3000円×500枚)が発生。 これが単行本になると、印税450万円(定価1500円×3枚万部×印税10%)が、さらに文庫本になれば、印税650万円 (定価650円×10万部×印税10%)が入る。

そして映画化が決定すると原作使用量100万〜500万円(ある作品は300万円) が発生。人気作では1000万円以上ともいう。またビデオ・DVD化されると2次使用量(ある作品は350万円) が入りテレビ放送されると放映原作料(ある作品は100万円)が支払われる。

ここまでで2000万円の計算である。また、映画が流行れば、同じ作家の他の作品が売れたり、原作もさらに 売れて印税が再度入ってくる可能性もある。